12星座詳細その5 獅子座・獅子宮(ししきゅう)

獅子というシンボル

 先回、水辺の生き物が登場し、陸海空を統治する3種の生き物と人間が出そろいました。ここでまで肉食獣に戻り、獅子の登場です。獅子は、古今東西で百獣の王という地位を獲得した最強の生き物、王者、王権の象徴でした。力において人間を超越した聖なる存在として崇められ、古代エジプトにおいては、王の墓ピラミッドの前にスフィンクスの像を建て、その神的パワーの恩恵に授かろうとしてきたのです。

左) ギザの大スフィンクス                        右)カフラー王の大スフィンクス


スフィンクス もしくはスピンクス(Sphinx)は、タロットではおなじみのシンボルですね。スタンダードなタロットでは第七のアルカナにスフィンクスが、また第八か第十一のアルカナには「堅忍」の象徴札としてその絵柄に獅子が登場しています。

マズル・コントロールがテーマとなるウェイト版。動物の親が子どもの口を噛んで社会性や強弱関係を教えるところを人間の手で行い噛み癖がある犬をしつける時に使わせる手法ですね。

あなたのワンちゃんがマズル(口先)を触らせないのは、あなたに常にマウントしようとしていることの表れ。いきなりこれを犬の前に行ってやろうとすると噛まれる危険がありますからね(>筆者経験済み)、まずワンちゃんの後ろに立つ。首前あたりをそっとなでなでしながら、そのまま手を口元に移動させて口を抑えましょう。マウント傾向強いとがぜんいやがります。最初は数秒、だんだん長くして一定時間(トレーナーさんのお勧めで)口を抑えたまま軽く動かせるようになると、従順性が育つようになり、反抗して噛んでくることもなくなってきます。

飼い主としてはしつけで支配性を見せるわけですが、犬がそれを「攻撃」ととってしまうことで噛みに出てくるわけです。犬が進んで従おう!と思ってくれるような飼い主さんになる近道みたいなものですね。

余談ですが、初期のマルセイユ版には純粋に戦闘車を引く「馬」が描かれていました。

上)下段右端がフランス国立図書館のノブレ版の「戦車」。 下)復刻版ノブレのマルセイユ版「戦車」

ウェイト版は上のエリファス・レヴィ (1810 - 1875 wikipedia)が描いた「戦車」の影響を受けているとも言われています。スフィンクスというより人面ワニだかサンショウウオのようでちょっと這っているいる感が。確かに「戦車の車体前面」にウェイト版にも見られる有翼の太陽円盤ありますね。

※レヴィの和訳書に興味がございましたら!  以前入手困難品として数万の値がついていましたよ。お買い時です。

スピンクスは、エジプトに発祥した神話上の生き物、架空の聖獣です。クフ王のピラミッドの前に、守護神として奉られているカフラー王の頭と獅子の胴体を持ったスピンクスなどが有名でしょう。古代エジプトにおいて、人々は、既に人間に勝る力をそれぞれの生き物に見出し、神的対象として崇め奉る慣習がありました。百獣の王の異名を持つ獅子、雄々しいたてがみをなびかせる獰猛な生き物を、王家の紋章や守護神に相応しいものとして取り入れたエジプト人たちの感覚は、現代に生きる私達の中にも備わるものといえるでしょう。(以上 タロット象徴事典より)

 下)現存する最古のタロットヴィスコンティ版の「力」。イエール大学蔵

右)イタリアILMeneghelloの復刻タロット

「堅忍」という美徳の擬人像が描かれています。

大変美しい黄金のたてがみの獅子が見られますが、獅子は猛威を振るう存在ではなく、王冠をかぶった女王か王妃にマズル・コントロールされているのか、サムソンにちなんだ構図として描かれたものなのかは不明。


サムソン:旧約聖書の士師記に登場する怪力。wikipedia

 古来、獅子は羨望の対象でした。 世界の至る所で人々が畏怖し崇める獅子。太陽=一者の神と同一視され、 太陽神とも結びつけられるようにもなりました。  

 獅子座もスポットライトを一身に浴びることを好みますが、たった一つの主役の座ばかりをねらって、脇役をきらうため、実際にステージに立つ回数は意外に少なくなります。また、王者のプライドが邪魔をして、人づきあいもこじんまりとしがちで、意外と華やかなシーンから遠ざかり、孤高の存在と化す獅子座さんも多いものです。

 協調性に乏しく、尊敬する上司でなければ従えませんから、組織に入るより自営業が向いているとされています。階級意識が強いので上下関係にはうるさく、自分の配下の面倒見はよく、親分肌を発揮するのが特徴です。

■獅子宮を定位置とする獅子座について

 獅子座の部屋は黄道12宮を表すホロスコープの 五番目の宮、第5室です。

 各部屋は均等に30度の幅をもって並んでいますね。同じ 星座でも0度から29.9度まで、生まれた日によって度数が変わり、これだけでも結構な違いを読み取ることができるところともなります。

 黄道12宮上、第5室が獅子座の定位置です。個人の「娯楽の部屋」とされています。獅子座は、人生をエンジョイし、あくせく働くだけで終わらせまいとします。ゆったりとした心地良さを追求し、ラグジュアリーに暮らすことを好むのです。華やかなパーティーや観劇を好み、ギャンブルに興じることもあるでしょう。高級品、ブランド品を好んで身につけ、生活感のあるものやチープなものを好みません。日常的には、豪華一点主義的な傾向としても出るでしょう。

 天真爛漫さの象徴でもある太陽が司る獅子座は、永遠の少年/少女だったり、いつまでも「青さ」が消えない傾向があります。どこか子どもっぽく、甘えた印象を引きずるところがあります。

 権威、権力に魅力を感じ、肩書きに一目置くようなところがあります。伝統があったり、ネームバリューの高い大企業に身を置き、尊敬する上司の下で、忠誠を尽くすというケースもあるでしょう。

■黄道十二宮における第5室

 黄道12宮の第五の宮 、すなわち第5室が獅子座の定位置であり、個人の「娯楽の部屋」とされています。

 先回の第4室は家庭=生活感のある日常であるのに対して、ここは非日常です。生まれた家でのこととは、いわば日常生活。対して、非日常的な生活を表すのがこの位置です。 

 月曜日から金曜日までのウィークデイを過ごした後、私たちがしばし日常を離れようとするように、第五の宮はウィークエンドの象徴。 週末の過ごし方が象徴されるハウスなのですとも言えるでしょう 。

 幼少期を過ぎた少年・少女時代をも表すとされます。

  第5室はギャンブルの部屋などとも端的に言われます。今問題になっているギャンブル依存について、何か役に立てることが見出せるかもしれません。たとえばお酒や食、薬の依存症というものもありますが、これらは実際に人の身体の中に入り込むもの。身体の細胞の隅々に行き渡って、身体がそれらに浸かってしまう、おぼれてしまうわけですが、他方ギャンブルのどういう要素に人がおぼれてしまうのか、その人の5室の状態を深く分析することで何某か見出せるかもしれません。チャート研究を役立てられればと切に願っております。

 

■獅子座の守護星:太陽

左)フランス国王 太陽王ルイ十四世の紋章      

右)18世紀プラハの家屋に飾られたBlack Sun は錬金術における黒い太陽に相当し、太陽の暗い破壊力を象徴している(参考:サイン・シンボル事典)

 太陽を見上げ、古代の人たちは何を感じ、思ったただろうか。温度を持った目映い光線は、明らかに星や月とは異質でした。その熱は地上のあらゆるものの滋養であり、天からの恵みであったはずです。光を浴びる事、ただそれだけで彼らは歓喜したはずです。生きていることその物に望みを見出し、未来への希望が感じられたことでしょう。 

 古代において、太陽の神の系譜、そして、最古の文学とも言える神話体系を確立したのがエジプト人です。

 史上初の王制国家を成立させ、国王ファラオは、太陽神ラーと同一視されました。ラーは、当初は、天体その物を差して呼ばれていましたが、次第に太陽と結びつけられ、ラーが主人公である太陽神話体系が確立します。太陽は、エジプト人にとって天空の一部、即ち神の身体の一部、ことに「右目」であるとされ、エジプトの王ファラオは、ラーの息子であると自称したのでした。後に、創造神アトゥムと合体し、アトゥムは沈む太陽を司ることになります。。複雑ですね。

 紀元前5000年頃に、エジプトでは氏族と一定の動植物との間に血縁があるとするトーテミズム totemism が発生しています。 「自然に囲まれ、自然に依存していたエジプト人は、宇宙の構成要素と現象のすべての中に、何よりも、大地、空、空気、ナイルの流れ、そして太陽と月の中に、神が宿っているのを見た」のでした。

 そこでは、太陽が昇る東に対して、西は命の没するところとして、死者の身体は必ず頭が西になるように配慮されていました。死後の世界を信じ、太陽に神の力を見出し信仰の対象としていたと言われるエジプト人ですが、果たして彼らは、太陽神の存在、死後の世界を「信じた」のでしょうか?それは、あまりにも彼らにとって「当たり前」のこと、信じるに及ばないことではなかったように感じられます。 紀元前2000年頃から、メキシコ南東部、グアテマラ、ユカタン半島などを中心として栄えたマヤ文明、その影響を受けたアステカ文明においても、太陽は神と見なされ、人々はその大いなるエネルギーの支配を受けるものとして彼らの宇宙観は確立されました。

 ヘロトドスの名句「エジプトはナイルの賜」の通り、ナイル河流域は肥沃な農耕地帯であり、食肉とする動物も豊富に生息していました。人々は灌漑農業と堤防を作るために自然に群れをなし、共同で作業をするようになり集落、組織が発生したのです。

 そして男性は、外へ出かけ狩りをし、女性は家を守り、子供の養育や農作物の育成に努めるという構図をかいま見ることができます。毎日が、朝目覚め夜床に就くまでの24時間が、彼らの死活問題その物だったことでしょう。春や秋の温暖で過ごしやすい日ばかりではありません。獲物を収穫できない日が続いたり、寒空の下でいつ降り止むか見当もつかない雨や雪に身を震わせながら、当時の人々はどんな思いで天空を仰いだことか。

 太陽の熱と光は神々しい霊と肉と魂の滋養であり、朝に神との対面を果たせることで、人は幸せを実感したのではなかろうか。当時より、生きることとは命懸けであること。生まれてきたことについて、与えられた環境と先行きの不透明な人生について、太古に生きる人たちは答えてくれる存在を求めたのです。今を生きる私たちと同じように、彼らが創造した神とその秩序に従って、男女は愛し合い子を産み育て、知恵や技術を後世に伝えていく、その連鎖を今日まで支えてきたのが、この太陽であることをも忘れずにいたいものです。

 現代でも元日の朝日は尊ばれ、参拝と祈願の対象とされているこの事実。オリエント Orient即ち「日が昇る方向」は、古代ローマ人たちが地中海東岸一帯を指したことばですが、このオリエントの文化、思想は、対するオキシデント 0ccidentに位置する西洋人たちの意識にコンプレックスを生み出したとも言われます。

■獅子座の守護神:アポロン/Apollōn、Apollo 

 オリュンポスの大神ゼウスと大地の女神レトの子どもがアポロンもしくはアポロです。レトは正妻ヘラの嫉妬と怒りを恐れて、デロス島 に逃げこみ、そこでアポロンとアルテミスという双子の兄妹を出産したのでした。双子のひとりは太陽を、もうひとりは月を統治することになったのですが、たちまちにアポロンはギリシアにおいて超人気を誇るのでした。

 原書房「ギリシア神話物語事典」によれば、「ギリシアの神々の中でアポロンはギリシア人の理想に最も近く、永遠の若さを備え、戦いに強く、温かい心と冷静な頭の持ち主だった・・・常に中道を説き、過度をいましめた」

 節度を説く一方で、愛において奔放なことをアルテミスから指摘されると「節度自体にも節度を説いているんだよ」と切り返すユーモア。多産なゼウスが多くの産み落とした彼の子どもたちの中で最もアポロンを愛したわけです。

アポロンとムーサ(ミューズ)たち wikimediacommons

 人間の頭脳と技術の分野で言えば最高峰の医学と、五感と繊細且つ豊かな感受性とが織りなす音楽とを共に司る万能神。オリュンポス一の弓矢の腕を持つ負け知らずの人気者、絶対的な地位を誇るアポロンは、 勝利の象徴である月桂樹の王冠を頭部に抱いた姿で描かれることが常。現在でも四年ごとに開催されている世界オリンピックの舞台で、月桂冠は勝利者の頭上に捧げられています。

「詩人のインスピレーション」 ニコラ・プーサン、1630年頃、ルーブル美術館

 アポロンは、竪琴を手にした姿でも描かれます。異母兄弟であるヘルメスが、アポロンの牛を盗み食してしまった時に、ヘルメスが瞬時にして亀の甲羅で作った竪琴を差し出してアポロンのご機嫌を取ったため、そのお返しに羽のはえた杖を譲り渡したと言うエピソードがあります。この穏やかで調和的な性格から、ギリシアにおいては類い希なる人気者でした。

 アポロンの聖木が月桂樹となったいきさつは、ニンフのダフネとの恋が破れたエピソードに由来します。

 弓矢のアトリビュートでお馴染みのエロースをからかったことがきっかけで、エロースは自ら作り出した恋をそそる矢をアポロンに向かって放ち、もう一本の恋をはねつける矢を美しいニンフ・ダフネに打ち放ったのです。前者は黄金でできており、鏃は鋭く尖っていました。そして後者は鏃も鈍くしかも鉛でできていました。

Piero del Pollaiolo ポッライウォーロの「アポロンとダフネ」  (1441-1496) wikimediacommons

 矢が刺さったアポロンはダフネに恋をし、ダフネはアポロンを拒み続けます。しかも、ダフネは女神アルテミスを信仰する貞淑な処女。アポロンの男性的な欲求は、ダフネにとって飢えた狼そのものです。逃げまどうダフネに、恋心が満たされぬアポロンも嘆き苦しみます。「ゼウスという絶対神を父に持ち、デルポイとテネドスの都を治める王者だというのに、現在も未来も知ることができる予言者でもあるのに、歌と竪琴の名手であり、医術を司る自分だというのに、どんな薬草も癒すことのできない病にこの自分が苦しんでいるとは......!」

 結局、ダフネは、彼女の父親の河の神ペーネイオスに救いを求め、月桂樹の姿に変えられることで、アポロンから処女を奪われることから逃れます。胸はやわらかな樹の皮に、髪の毛は木の葉に、両の腕は小枝になり、大地に足を根ざして、ダフネは月桂樹と化してしまいました。アポロンは、彼女をを妃にすることができなかったが、自分の聖樹とし、永遠の若さの象徴とすることをダフネにに約束したのでした。

 医者であり詩人であったスコットランド人のヂョン・アームストロング(1709-79)による、アポロンについて述べた文書があります。

  音楽はすべての喜びを高め、すべての悲しみを静め、

  諸病を追い払い、あらゆる苦しみをやわらげてくれる。

  そしてそれゆえに、古の賢者たちは

  医薬と音楽と詩歌との不可分の力を崇拝したのだ。

 

 ※参考書籍

エジプトの神々/J・チェルニー 吉成薫・吉成美登里訳/弥呂久

図説エジプトの神々事典/株式会社河出書房新社


■獅子座のハーブ(薬草・香草):月桂樹(ローレル)

 黄色のボール状の花をつける常緑高木樹。万能薬とされ、インスピレーションを呼び覚まし芸術的才能の開花を促す花木だとも伝えられています。この葉で、オリンピックの勝利者の頭を飾るリースを作ることは有名でしょう。

 消化促進、強壮作用に優れたメディカルハーブとして、古くから日常生活に取り入れられています。現代においては、肉料理、魚料理と相性のよいキッチンハーブとして、日頃から常備している方も多いことでしょう。まさにオールマイティで、日常に光をもたらし、人の心を明るくする元気が出るハーブです。

 ギリシアにおいて、天界の若きヒーロー万能神アポロンをこの月桂樹で飾るようになったのでした。

 

続きはMenbers Only☆彡 

 占星術のプロを目指す方向け 


さてさて獅子座の正体、いかがでしたでしょうか?

もしかするとあなたの隠れ星座が獅子座かも?

あなたの隠れ獅子座度をサービス鑑定致します☆彡

無料です。チャート学習の一環とさせて頂きたく、お気軽にお問い合わせ下さい。


ステラ・マリス・ナディア・オフィスの

Eメール占いは24時間年中無休でご相談受付中

秘密厳守。どんなご相談でも承っております。