ただ今、太陽は宝瓶宮を通過中です

停滞期にあって2024年2/6~2/9と2/18は注意喚起時期。以降、底を打った感覚で流れだしそう

『抽選★毎月1名様限定企画』

今月のサービス占い

U様へ、出生ホロスコープ占わせていただきました☆彡

『2024-01-22 タレントの松本人志さんが「週刊文春」の発行元である文芸春秋などに対し、名誉毀損による損害賠償などを求めて提訴したと所属先の吉本興業が発表しました

特集:松本人志氏の出生図に学ぶこと

事件とは一体何なのか?

奇しくも2024/1/23松本人志さんから訴状が提出されたとのこと

ちょうど更新の日でした。筆者としては、特に好きでも嫌いでもない、存在感あり、力もあるお方なのだろうなぁとマルチぶりを遠巻きにしていた存在、松本人志さん。

とは言え、私もダウンタウン世代と言えるのだろうか、まだインターネットが普及していない頃の一家に一台が定番のテレビを中心に世の中が回っていた時代に、全チャンネルを制覇する勢いがあった彼らなのです。

多少は松本さんに感化されながら育った部分もあることでしょう。一連の報道について、一個人として残念な、悔しい思いもさることながら、被害を訴える女性たちA~Eさんあたりまででしょうか、まだ出てくるのか、、ぜひぜひ、双方ともに対して、ニュートラルな審議がなされていただきたいものです。

それはさておき「松本人志さん」から学んでみましょう。

恵まれたバランス感覚の持ち主

太陽星座は乙女座、月星座は牡牛座ですね。おだやかな落ち着きある方。どちらかと言えば事務方気質で、大抵のことはそつなく器用にこなせそうです。やはり♍ですから、線が細い印象もあり、よく気が付き、あまり人の眼がいかないところや自分以外の周囲に対しても目配り、配慮ができる気の利く方。備えあれば患いなしの名人。便利グッズを持っていて間一髪のときに取り出してくるような、小回りが利く印象。

部屋の隅々までちゃんとお掃除もされそうです。何かと汚れを嫌うところがあるのでは、、清潔感は大切にされていそう。若手芸人さんともてはやされていた時分などはずいぶんこぎれいな印象でした。

水星・火星星座がともに天秤座というあたりも大衆受けするスマート感充分。実際女子からかなりモテましたでしょう。

ちょっと見てみます?

※ネタが医療、学校、養豚?酪農?を思わせるエピソードなど6室を突き抜けている印象なのが笑え。

こちらも小室哲哉ちらりでお宝動画的。

乙女座の集中&突き抜ける天王星

「まあまあ」と穏便に済ませることを知っていらっしゃる。神経質と評されることもある乙女座の集中座相ありながら、出生時間によっては多少ずれるとしても、太陽-水星の好角度に金星のまろやかさが加味され、周囲を困らせることは、この人にとってもNGだったかと。しかしこの金星の軸が盲点にもなる方。後に触れる女難。

そして極端なものはあったかと。。太陽・天王星のコンジャンクションになりかけているところなのだろうか、そこに真正面からからむキローンのなせる業か、ギリギリまで、極限まで、行けるところまで行くという、妥協を知らない姿勢がうかがえしれます。

同時にそこが、義務や責任は必ず果たそうとするきまじめな人なのに、「つまらない人」にならない所以で。乙女座の中で「ワクワク、ドキドキ」も大好き! それが乙女座に集中する星たちからの指令で、単ににぎやかなだけのおおざっぱなものにもならない。もっと細かいもの、精妙なデリケートな部分にこそ、自身は関わるべきという信念すら感じます。ミリや秒で努力してきたことでしょう。

ひねりを効かせたカメラワークで、明るさ楽しさではなく、なにげない人間味、はかなさ、哀愁やら愚かさやらのふとしたしぐさや瞬間をいちいちとらえずにはいられない・・・独特のセンス。

がしかし、センスだけでは・・・ここに働くち密な分析力。計算、事務作業や単純作業、数字や文字にも秀でている彼だから、デスクワークはなんでもござれ。どこでも重宝されたはず。加えて大衆受けする表現力・・・総合的な人気運。ベストセラー作家の顔をも持つ彼なのです。

どこか理路整然としたボケ方と言いましょうか、従来の「間の抜けた」ボケではなく、「いや、感性が違うんだよ」的な「突っ込みどころが違うだろう」的な、突っ込みに突っ込み入れるようなボケというのでしょうかね、当時を思い出すと、私的にはそんなまっちゃんでした。着々と地道にゆっくり、時代の寵児と化したのでした・・・

※もし表舞台から引退!ということになっても、脚本やシナリオで十分食べてゆけそうですね。 

そう、食べていけること、目に見える世界が大切な彼でもあります。現実的に食べていけることが大事。ウケとか、地位とか名誉でもなく。1円でも多く、1%でも上にと、「生活水準UP」目標に、秒で手を変え品を変えやってきた印象。そういった手応えの連続で、今日までの地位を築いていらっしゃったような。もはや今となっては、芸能界に未練はないことでしょう。

!キレがあることばの力、ひねりを効かせた笑い・・・と言えば「北野武さんの芸風」を感じさせそうではあるが、松本さんの芸はまったく毒・過激路線ではありません。日常風刺、やはり細かい に尽きるでしょうか―興味深い、北野武さんのコメントが検出されてました。

「ビートたけしは、松本との対談でダウンタウンの漫才について「(ツービートの漫才は)あの当時としては新しいことをやってたんだけど、かなり荒いんだよね。その時代のあとに出てきたダウンタウンはもっときめ細かい。おいらの2、4、6、8というネタの切り取り方が、1、2、3、4でとってきたという感じ。乗った時は0.1とか0.2の刻みでとり出したという感じがある。スピード的には2、4、6と飛んでいくから、B&Bとかおいらの漫才のほうが早いんだけど、ダウンタウンは0.1をじっくりもたせちゃうというところがある。おいらの5分ネタを30分ぐらいやれる細かさで、その感じをよくわからせたのがダウンタウンの漫才だ。それは進化だと思う」と評した」

参考:松本人志「お笑い界の伝統」をあえて批判した訳 守るべきは権威ではなく「面白い」かどうかだけ | テレビ | 東洋経済オンライン (toyokeizai.net) 


たけしさんの見解も、痛く、苦笑。。

そう言えば、ダウンタウンの浜ちゃんとはどんなだったのかしらと。。細やかな神経を逆なでするような合い方だったとか、、あいや、あくまでも彼にとって。他の方にとってはまた違う存在。波がおありだったことでしょう。

松本はかつて放送作家の高須光聖と共に出演していたラジオ番組「放送室」(2001年-2009年)にて、自身のボケに対するツッコミをサボり始めたと浜田への愚痴をこぼすことが何度かあり、トーク番組でゲストの面白さや個性を少しでも引き出したいと考える松本に対して、浜田は"なるべく早く収録を終わらせようとする"と糾弾。また、その理由としては"収録後に絶対女と会う約束してる"などと冗談半分に邪推していた。

参考:松本と浜田が乗り越えた「死ぬほど仲悪い10年間」はやはり"あの時期"? - ライブドアニュース (livedoor.com)


金星・土星・木星の三角形、女難の相あり

女難・・この表現は今どきちょっと問題視されそうですが、ああこれほどの奇才の彼だというのに。

愛はまさしくアメとムチ・・・結局駆け引きになってしまうのかな。ちやほや甘やかすしかなくなりそう。

時間をかけて堅実に育む愛こそ本物だというのに、ミリ単位の自分を受け入れてくれないのならそれはもう愛ではないと、ただ無条件に受け入れることを愛だとしたがるところがありそう。無償の愛と無条件に愛することは違います。

細かい人だから、ボタンのかけ違いの責めを負わせられるとか・・・束縛しては試してみたり、異性愛から信頼が生まれにくいような。。不安神経症的なのかもしれません。

そもそも愛なんて形のないものでしょと、データで確証取るか実際に目で見て、触ったところで結論を出す、そんな彼に対しては、心優先のタイプは「え、違うんじゃない?」・・・とは、なかなかここまで大家になった方には主張できないところもあったことでしょう。

女子をモノみたいに扱ってしまったとか、ご奉仕させたとか、いかんことをやってしまった松本さんもほうふつとします。

一方で、やはり人の心というものは目は見えない、カタチのないものですから、これはもう誰もが、おたがいに、双方、ちゃんと明確な意思表示をするというのは、ある種人間の義務でもありましょう。

中には、YESと言わないNO!を主張するコメントも多く見られるようだけれども。。はい、正論ではございますが、主張は明確に!

トコトン努力をすることも。その上で、次の手が告発、リーク、訴訟etsなのではないでしょうかね。。

人間、身を守るためには、たくさんのものを手放すことになる、こともある・・・ここ、学びましょう。

このような事件が起こらないようにするには、あくまで暫定処置ですが、物理的に距離を置くことでしょう、理屈ではない。

それができないなら、本当に自分のものなのか、見定める時なのかもしれません。

本当に自分のものなら、手放したものはまた返ってくるとも言います。


今回のように密室のことはもうブラックボックス。あの、伊藤詩織氏と山口敬之氏の間で発生した性暴力事件、ヴァイオレンスが、あったというのなら、すさまじく遺憾。。ですが、松本さんを告発している自称被害女性は、法的にも民事的にもどうしても加害者と称される人物を裁きたいわけではなく、まずは「文春」に告発されました。。今回、伊藤氏のケースとは様相がかなり異なっていますね。。何かと紐づけられるのですが。。


ジャーナリストレイプ事件を振り返る

山口敬之による性的暴行事件[wikipediaより]

2015年4月3日、当時TBSテレビの政治部記者でワシントン支局長だった山口敬之と、都内で会食した。しかし、飲酒後に記憶を失い、深夜から4日早朝にかけてホテルで準強姦被害を受けたとして山口を訴えた。

2015年4月30日、伊藤は警視庁へ被害届を提出した[25][26]。刑事訴訟では2016年7月に嫌疑不十分で不起訴となり、検察審査会も不起訴相当と議決した。

2017年9月28日、伊藤は山口に対して1,100万円の損害賠償を求める民事訴訟の訴状を提出した[27]。そして2017年10月18日に手記「Black Box」を出版して24日に日本外国特派員協会で会見した[28]。

2022年1月25日、東京高裁は「山口敬之が同意なく性行為に及んだ」と認め、賠償金として約332万円の支払いを山口に命じた。一方、「(山口が)デートレイプドラッグを使った」とした点は真実と認められず、55万円の賠償を命じた。2022年7月に最高裁で双方の上告が棄却され、高裁判決が確定した[29]。

経過[編集]

2017年5月、伊藤は刑事訴訟での不起訴について検察審査会へ審査を申し立てた。2017年9月に東京第6検察審査会は不起訴を覆すだけの理由がないとして「不起訴相当」と議決し、伊藤の申し立ては認められなかった[30]。伊藤は、2020年9月22日に、「刑事部長の判断で執行が止まった」、「告訴した男性は安倍総理と非常に近い記者」、「親安倍派と言われる人たちから強いバッシングを浴びました」と述べている[31]。

山口による反訴[編集]

2017年10月26日、山口は月刊『Hanada』で手記「私を訴えた伊藤詩織さんへ」を発表して伊藤の主張を全面的に否定した[32]。また、同年2月に「伊藤さんの記者会見での発言などで社会的信用を奪われた」と主張して慰謝料1億3000万円と謝罪広告の掲載を求めて反訴した[33]。

2019年12月20日、山口は虚偽告訴等罪と名誉毀損罪の容疑で伊藤を告訴したと発表した[34]。2020年9月、伊藤はこの件で警察から取り調べを受けたと自身のFacebookで述べている[35]。2020年9月28日に伊藤は東京地検へ書類送検されたが[36]、2020年12月25日に不起訴処分が決定した[37]。

判決[編集]

2019年12月18日、一審・東京地裁〈鈴木昭洋裁判長〉は山口、伊藤の双方の訴えを同時に審理し、伊藤の請求を認めて330万円の支払いを山口に命じ、山口の反訴は「名誉毀損には当たらない」と請求を棄却した[38][39][40]。2020年1月6日、山口はこの東京地裁の判決を不服として東京高等裁判所へ控訴した[41]。

2022年1月25日、二審・東京高裁〈中山孝雄裁判長〉は「山口が同意なく性行為に及んだ」と述べ、一審・東京地裁の判決を追認した。賠償として、治療関係費としての約2万円を加えた約332万円の支払いを山口に命じた。一方、伊藤が著書などで「デートレイプドラッグを使った」と表現した部分について「真実と信じる相当の理由もない」と述べ、伊藤に名誉毀損、プライバシー侵害の賠償として55万円の支払いを命じた[42]。山口、伊藤の双方がこの二審・東京高裁の判決を不服として最高裁に上告した[43]。

2022年7月7日、最高裁判所〈山口厚裁判長〉は憲法違反などの上告理由がないとして伊藤・山口双方の上告を棄却し、東京高裁での判決が確定した[29]。



さてさて松本人志氏の件ですね。。上記のケースとは異質でしょう。紐づけ方は要注意。

が、本当、日本中が大騒ぎ・・・こうして書いている間にも、変化をきたし。

  • 先月の文春砲が昨年2023年12月。2024年1月22日に松本さん側から訴状提出。
  • 2024年2月28日~3月5日が松本さんが年内で最もきびしいとされる時期。
  • 引退会見とか和解調停の場を持つかもしれないと先週の授業では伝えたのですが、、提訴に踏み切ったということは活動休止しながらご自身おっしゃる「裁判に集中」となり、沈黙を貫くことになるのでしょうか。


松本さんの出生図、やはり伝えたいことは、授業でもお話した通り、総括しますと、女難の相はございます。が、そう突飛な、奇抜な、特殊なチャートではございません。

スーパービッグな芸能界のレジェンドと化しながら、すでにどこかで歯車が狂い出していたのでしょう・・・言って見れば座相がすべて裏目に出る方向へ流されていった。

持ち出されている2015年、2019年などの過去、そして、まっちゃんにおいてはおそらく2022年にサターンリターンをむかえていること、文春砲があった昨年2023年12月についてもあらためて吟味したい・・・

いや、自分らのためにですよ。すべての現象は時代を象徴するものなのだから。自分と無関係なところで起こっているのでは、ないのです。

そして、誰もがこれから。この方もここで終わるわけにはまいりません。

転んだときにこそ役立てていただきたい占術だから

松本さんの才能、人望、大衆に広く受け入れられる要素に富んだ人気運、実際にその力をミリや秒の努力で育てて上り詰めた方なのだから、また一からなのでしょう。ミリや秒の気遣いを、女性関係にも、できる方なのですから。

等々、特段に松本さんがご相談にいらしているわけではありませんから、ここで云々してもあれですが、

こんな風に、チャートをどう役立て活用しているかという、西洋占星術とはどんなものであるかという紹介でもありました。

この間、色々な方の色々な意見に触れましたが、、


この方のご意見などがまさしく。。

❧ただ今、太陽は宝瓶宮を通過中です

今月の12星座の星空模様は?

2024年2月28日までの12星座

❧激動の2024年1月は歴史にその名を残す特徴的な月となってしまいました・・・

「令和6年能登半島地震」により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

どんな状況にあっても、私たちは生きて、共に手をたずさえてまいりましょう。今は自分の仕事を一生懸命にやらせていただいております、ナディア・オフィスの井上がお届けしてまいります。

2024年1月21日、太陽は磨羯宮 から 宝瓶宮へと移行。まだまだきびしい星回りながら、 1/22に冥王星が宝瓶宮へと、2つの星が連動して移動しつつも、この星たちがたがいに距離を取っていく様子には一抹の希望が見てとれるでしょう。

2/6~2/9が木星の不調和座相のピークでしょうか、不穏な波に注意し、念のため2/18は、冥王星に金星が近づくあたりまでも注意喚起時期として、そこを越えた時点が2024年不調の波の「底打ち」と取ってみましょう。

とは言え、やはりまだ2024年5月の木星移動、6月の太陽in双児宮を待って、本格的な晴れ模様となる流れなどは、昨年からお伝えしている件で、後半が明るいですよという2024年。後半もしかしもうあっと言う間のことでしょう。

2024年2/28までの12星座別の星空模様 

※こちらは主に皆さんの太陽星座を元にしたざっくりとした占いとなっております。星座の時期(何月何日から何月何日まで)については毎年変わります。

メッセージお待ちしております☆彡・・占いについて、何でも聞いちゃってくださいね。

バックナンバー&保存版好評発売中

新登場Hubリン(はぶりん)の12星座占い

2024年の12星座

Hubリンが2024年運を占う!

あなたのドラゴン・ヘッドを知ってみませんか?

特集:月・ノードとは何なのか

画像参照元:Lo scarabeo社製Tarot draconis

星座アート:双子座


フランチェスコビアンキーニ(1702)によって建てられたローマの聖マリア・デリ・アンジェリ・エデイマルティーリ大聖堂の子午線の太陽線/ソーラー・ラインの片側を飾る色付きの大理石(オーパスセクタイル)がちりばめられた白い大理石のパネルに見られる 黄道十二星座の双子座。フランチェスコビアンキーニによる1702年の作品 (wikipedia.org)



天使の占いカフェやってます

天使のタロットで占ってみたいことなどございますか? いわゆる無料占いってやつですが、アナログ対応です。

天使に聞いてみたいこととか、聞いてほしいことなんかもうけたまわっております!

愚痴や不満や、、吐き出したいこと、なんてものがあるときにもね、どうぞご利用下さいませ。

占い小説更新中

アーサー・エドワード・ウェイトA.E.Waite物語

タロット・パラレルワールド

不定期に連載中


占い館のナディアちゃん★連載中

Chapter1:タロットがあばく!  ストーカーの正体は?

全編は会員専用占いショートショートにて☆彡 かなりゆっくり更新中


タロット・パラレルワールド★連載中☆彡

会員専用ページにて☆彡 割と早めに更新中  


★作品を絵にしていただける方・漫画家さん・イラストレーターさん募集中★

たまにココナラさんで探させて頂いておりますが、なかなかご返信ない場合も多く難しい!

楽しくカジュアルにお仕事しませんか?お気軽にお問合せ頂ければ嬉しいです☆彡

過去ログ

占いをするということは、幸せになろうとすること


2020年1月のコラム

2009年春より自社サイトでインターネット配信させて頂いてきました「月刊ステラ・マガジン」。

 もっともっと魅力や使い勝手を広く社会に伝えていきたいなと考えている毎日ではありますが、更新がおいつかず失礼をいたしております。占いを通じて皆様と共に幸せになっていきたいという私どもの願いを乗せた、「読めば開運」の要素満載の「占いマガジン」をライフワークとして目指しておりますので、長い目でお見守り頂ければ、そして無料&有料コンテンツが混在しておりますが、お役に立てる部分かございましたらいつでもお立ち寄り頂ければ幸いです。

「幸せ」とは、心とからだで感じるもの。だから、占いをするということは自分の心とからだにしっかり向き合うということでもある。占いと言えば12星座。12か月を通して、心とからだのメンテナンスについても共に分かち合ってまいりましょうという趣旨もあるので、よろしくお願いいたします。

 ※当サイトは今時の?自動エンタメ占いサイトなどではございませんので、その点何卒ご了承下さい。

 とまずはご挨拶と注意事項を掲げさせて頂きまして、他にも何かと不束なところがあるかと存じますが、どうぞ何卒、心から、よろしくお願い申し上げます。

占いに少しでも興味を持っていただけたり、ちょっと勉強してみようかな?等々占いにまつわる様々なニーズに多少なりともお応えできれば幸いです